しみ・美白にビタミンCがいい訳って?

スポンサードリンク




vitaminc

しみを防ぐだけじゃない!ビタミンCのすごさ

ビタミンCは水溶性のビタミンでかぜにビタミンCと言われるように、一番有名で人気のあるビタミンじゃないでしょうか。

ビタミンCは風邪の予防やがんの予防、そして肌のしみを防いでくれる働きがあります。化学名のアスコルビン酸と呼ばれることもあります。

内側からも外側からもうれしい効果のあるビタミンC。うまく取り入れて、健康も美肌もよくばって手に入れちゃいましょう。

ビタミンCのおもな美容効果

シミの元になるメラニン色素の生成を抑える

美白化粧品で有名なのはビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体は美白の有効成分としても認められているため多くの美白化粧品の中に配合されています。

ビタミンC誘導体とは…ビタミンCを吸収しやすい形にかえたもののことです。

ラニン色素ができるのを抑えたり、元の状態にもどしてくれたり、チロシナーゼ(メラニンを生成する酵素)の働きを抑えてくれます。

注意したいのは、ビタミンCだからといってレモンの汁をしみに塗っちゃえ!とかはシミを作る原因になるので絶対にやめましょう。

コラーゲンの生成を助ける

ビタミンCはコラーゲンの働きをサポートしています。コラーゲンは肌にいいとテレビでもよくCMされているのでコラーゲン自体をドリンクやサプリなどで飲んでいる人もいるかもしれません。

でも、ビタミンCが足りない状態だと傷の治りが遅くなったり、風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりとイライラしやすくなったりも。お肌だけでなくいろんなところに影響してきます。

抗酸化作用を高め老化を防ぐ

体の中にある細胞が活性酸素の毒性が悪さして、DNAを傷つけたりするのを防いでくれる働きがあります。美白だけでなく抗老化(アンチエイジング)も期待できるのはうれしいですよね。

しみ美白にビタミンCまとめ

  • レモンの汁やアロマオイルを肌に塗らないこと(しみを増やします)
  • 飲み物や食べ物からのビタミンCの摂取はOK!
  • 化粧品でのビタミンCはビタミンC誘導体配合のものを選ぶこと

美白だけじゃなく体のためにもいいビタミンC。とにかくおすすめです。

スポンサーリンク