美白漢方まとめ 美白に効く漢方って?

0-03

本当に美白に効く漢方はどれ?

美白漢方まとめということで、よく知られている美白化粧品などに使われている漢方の真実を暴いていこうと思います。

では準備はよろしいですか?

ヨクイニン(薏苡仁)

ヨクイニンエキスは、イネ科ハトムギの実・種子から抽出されるエキスのことです。

美白化粧品などに入っていることが多いですよね。

化粧品の成分としての配合は、美白効果ではなく保湿や炎症を抑えてくれる消炎効果、血行促進、そしてニキビに効果がありそうな皮脂抑制などがあるとされています。

ヨクイニンが美白と絡んでくる作用としては細胞活性化してくれる部分かもしれません。

ちなみに昔から民間薬に使われているヨクイニンはイボ取りの効果があるということで有名です。

ソウハクヒ(桑白皮)

ソウハクヒエキスはクワ科マグワの根の皮から抽出されたエキスのことです。

これも美白化粧品ではおなじみの和漢植物です。

強い抗酸化作用があり、チロシナーゼを抑制する働きがあるため美白効果があります。

ボタンピ(牡丹皮)

ボタン科の植物で根の皮の部分がボタンピとして漢方で使われています。

メラニンの生成を抑制したり、消炎作用があると言われています。

ウワウルシ

別名はクマコケモモ。ツツジ科の植物でウワウルシエキスは果実や葉から抽出されます。

アルブチン、エラグ酸といった成分を含んでいます。これは美白有効成分の中にもある成分です。

メラニンを作らせない働きがあるので、美白効果があります。

ユキノシタ(雪の下)

ユキノシタ科の植物で、中耳炎や虫さされ、やけどなどに使われた民間薬としては虎耳草(こじそう)と呼ばれています。

消炎効果や抗菌効果があるため、肌荒れやニキビを防ぐ化粧品などにも使われています。

また美白効果、抗酸化作用があるので美白化粧品にも配合されています。

美白漢方まとめ

漢方は西洋のハーブとちがって医療機関でも取り入れられている植物です。多くの化粧品に配合されている和漢・漢方の美白成分。

天然のものだから安心と思いがちですが、天然の植物だからこそアレルギーがおこったりする可能性もあるんです。

漢方を摂取する場合は自己判断せず、かならずかかりつけのお医者さんや薬剤師さんに相談してくださいね。

スポンサーリンク